メール誤送信の防止ツールで情報漏洩を阻止【リスクを低くする】

ITを導入するポイント

女の人

システム運用を適切にする

現代においてITは欠かせないものですが、このITのサービスやシステムに対して目標となる可用性レベルを設定し、それが満たされているかを監視または維持、そして改善することを可用性管理といいます。つまり、可用性とは使える状態または有用であるという状態のことであり、可用性管理はそれを達成するための管理方法のことを意味します。サービスやシステムは、実行されている場合には継続的にそれらが行われ続けますが完璧なシステムというものは存在せず、何らかの理由で将来的には異常が発生します。これらの異常を発生しないように改善することも可用性管理であり、また異常が発生した場合にもそれらをすみやかに発見し修復することも可用性管理になります。つまり、今までの保守管理といった考え方に加えてシステムそのものの改善といったことも含まれるものです。可用性管理はシステムを開発したあとに運用し続けていく上で重要になってきます。特に現代ではネットワークで繋がれているため可用性管理の設定は重要になってくるものです。可用性管理の相場は規模によって異なってきますし契約によっても変わってきます。小さなホームページを運用することでも可用性管理といえますし、年間に数万円程度から数十万円程度ですが、大規模なシステムになると数百万円は必要になることもあります。このためITを導入するさいにはシステムを作り上げる費用だけでなく運用するための費用についても考慮しておく必要があります。

Copyright© 2018 メール誤送信の防止ツールで情報漏洩を阻止【リスクを低くする】 All Rights Reserved.