メール誤送信の防止ツールで情報漏洩を阻止【リスクを低くする】

ITサービスの評価手法

PC操作

可用性についての評価

企業ではビジネスへの対応を元に、様々なITサービスが、定められた可用性にしたがって、運用保守されています。この可用性についても、正しく評価していき、適切なIT投資がされているかを判断する必要が求められています。この評価手法として、可用性管理が登場しており、ITILのサービスデリバリの項目でも、このことについて定義されています。可用性管理とは目標となる可用性レベルを設定し、サービスが稼働している時に、そのレベルが満たされているかを判断するものになります。通常はITサービスを動作させるときに、定められたSLAレベルについて、合意したコストの中で満たされているかを確認します。一般的に可用性を高めるとそれに反映してコストも増えていきますが、可用性管理を行うことで、ITをサービスごとの可用性レベルとコストを調整していくことになります。可用性管理を行うことは、現在のビジネス環境において、時間や場所というものに制限されないITサービスの継続性が求められていますが、それに対応するようになります。ITサービスを統括するIT部門については、ビジネスに対する可用性の説明責任が明確になり、さらに数字で証明できるようになります。またITサービスを提供する側にとっても、可用性管理の結果を元に、提供先に対して改善提案ができるのも、その特徴の一つです。これらのことを実施していくことによって、ITサービスがビジネスの継続的で安定して提供し続けることを、保証していくことになるのです。

Copyright© 2018 メール誤送信の防止ツールで情報漏洩を阻止【リスクを低くする】 All Rights Reserved.